Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neguis.blog56.fc2.com/tb.php/16-1b466c80

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

3.29 谷中書生カフェ【第9回】「ゆく河の水は絶えずして」

谷中書生カフェ 仮ロゴ

二十一世紀の書生と女学生のための文学カフェ
「谷中書生カフェ」 第9回を開催します。


「谷中書生カフェ」は、下町情緒あふれる谷中の町の古民家カフェを舞台にしながら、東西の文学古典を読む人たちの集い、自由に話のできる場です。各回にテーマと課題本を定め、前半では課題本の読書会を、後半では懇親会を設けます。

素晴らしいロゴを小林美穂さんに作っていただきました。ありがとうございます。

3月の課題は「ゆく河の水は絶えずして」
:日本作品と海外作品を交互に選んでいて、今月は海外作品。なのですが、日本の古文を取りあげます。いまとなっては「海外」より遠いものになってしまった感もあります。古きを温ねてみるのもいかかでしょうか。作品は鴨長明の「方丈記」を扱います。

古文なんて読めないという方もご安心ください。対訳付きの文庫を使用します。とはいっても、「方丈記」は原文で読んでも、なんとなく読めてしまいます。訳は要らないくらいです。また長さも35ページほどです。試しに読んでみるのにもよいのではないでしょうか。大火、飢饉、地震など自然災害の無情さも書かれています。震災から一年。いま、この古典にあたってみるのもいかがでしょうか。


2月の会は盛況でした。
男性:7名 女性:9名
学生:9名 社会人:7名
初参加の方は6名でした。

この会も半年以上つづき、常連で来てくれる方もいらっしゃいます。とてもありがたいことです。が、そういう会に育ったからこそ、新しく来てくださる方は刺激的で貴重です。興味をもってくださったらぜひお越しください。参加者みなで歓迎します。

学生が多く集まる会となっています。大学でいえば、東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、立教大学、麻布大学、東京外語大学等、たくさんの大学から様々な方に来ていただきました。社会人の方ももちろん歓迎です。ただ年若い雰囲気なのはご了承ください。


【開催概要】

日  程: 3.29(木)
場  所: カヤバ珈琲 @谷中
時  間: 19:15集合 19:30開始
参加費: 社会人:1000円  学生:無料
課  題: 鴨長明著「方丈記」(角川ソフィア文庫)

*課題図書について。

方丈記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)方丈記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
(2010/11/25)
鴨 長明

商品詳細を見る

原文と現代語訳、参考資料と解説が充実しています。原文を眺めながらひっかかるところを現代語訳で読んでみる、さきに現代語訳を通して読み原文をなぞってみる、など、自分の仕方で読んでみてください。想像していたよりもずっと理解できると思います。


【進 行】
19:15 集合@カヤバ珈琲 2階のスペースを使用します。
19:30 谷中書生カフェ(読書会)開始
     課題本について会話を交わして楽しんでいただきます。
20:30 懇親会:ドリンクもフードもメニューは充実しています
21:30 中締め
     22:30には完全撤収の予定です。

【注 意】
*会の運営を適正なバランスのあるものにするため、定員に男性上限定員と女性上限定員を設けます。性別ごと定員に達した場合、キャンセル待ちの受付となります。
*参加されているSNS等のコミュニティやプロフィール欄に、特定の宗教団体・ビジネス・投資・MLM・スピリチャリティ・自己啓発・成功哲学等の記載がある方は、参加をご遠慮願います。

【読書会について】
読書会は参加体験型ワークショップ形式で行いたいと考えています。自分の感想を話して終わりではなく、また特定の人ばかりが一方的に話すこともなく、他の参加者との協働作業を交えることに力点を置きますので、ご協力をおねがいします。

【参加費について】
社会人の方には1000円の会費をお願いします。会費はフードの用意その他にあてます。学生さんは遠慮なく食べてください。

【参加受けつけ】
このブログ、mixi、ツイッターで並行して募集は行います。事前の準備を確かなものにするため、下記のアドレスに「お名前」「性別」「学生/社会人の別」「連絡先」「何時からの参加か」を明記して送信してください。
shosei_cafe@yahoo.co.jp


【お 願 い】

ワークショップの資料にご協力ください

課題の本を読んでください。毎回、読み切れずに来られる方がいらっしゃいます。それで参加を拒むことはないのですが、「ちゃんと読んでくればよかった」とほとんどの方が仰います。なので、ぜひ読んできてください。

それぞれの読んで考えてきたことをシェアしやすくするワークを毎回、考えています。

今回は、せっかくの古文ですので、心に残った一文をチェックして書きぬいておいてください。まずは、その一文を口に出して読んでみることから、始めたいと考えています。

3月25日までにshosei_cafe@yahoo.co.jp に送付していただければ、資料にもまとめます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neguis.blog56.fc2.com/tb.php/16-1b466c80

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ねぎ

Author:ねぎ
Xora Ltd.INK 主宰
いろいろなワークショップをプロデュースします

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。