Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neguis.blog56.fc2.com/tb.php/17-dc3b586d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

3.25 書生歌会@まれびとハウス

谷中書生カフェ 仮ロゴ

谷中書生カフェは平成23年6月のスタートから3月の会で9回を数えます。

谷中書生カフェには和歌や短歌を詠んだり読んだりする参加者の方が思いのほか多く、これがおもしろい。
ぜひいちど「歌」をメインにイベントを作りたいと思ってきました。

書生歌会@まれびとハウス

「歌」をテーマにした会を開きます。
短歌会では参加者が自分の詠んだ歌をもちより互いに評する「歌会」を開きます。
その歌会を谷中書生カフェでつづけてきた経験を生かしてアレンジしてみます。

谷中書生カフェは、知識や教養のある人と、初心者の人が、フラットで楽しく、読書経験をシェアできる場をつくってきました。
短歌のサークルで歌を詠んできた経験のある方と、まったくの初心者の方が、楽しく出会える場を作りたいと思います。

この企画のお楽しみは、歌会と茶道の出会いです。
はじめて出会う人どうし、人に歌を見せるのも、緊張するでしょう。
はじめにお茶を一服。互いに点てあってももらいます。
そこから歌について話しましょう。

歌を詠む人も 歌が好きな人も
歌の初心者も 歌をよく知らない人も
寄り集まって ひとつ詠んでみようじゃありませんか

一見さん歓迎です。
初参加の方を書生カフェで迎えてきた経験があります。
安心してお越しください。


【開催概要】

開催日: 3.25(日)
開催時間: 13:30-17:00
開催場所: まれびとハウス (JR京浜東北線田端駅 徒歩8分) HPと地図はここから
参加費: 学生 1000円 社会人 1500円 (変更の可能性あり)

【進行】

13:30 集合 準備
14:00 お茶開始
15:00 歌会開始
17:00 閉会

*まれびとハウスの場所がはじめての方にはわかりづらいので、田端駅前に集合して案内することも予定しています。


【茶会について】

歌会がメインです。お茶は添える形ですが、ちゃんと楽しんでもらいたいと思っています。
まれびとハウスのイベントスペースはフローリングなので、茶箱の点前をしたいと考えています。
正座とか堅苦しい姿勢でいなくてもいいお点前にしますので、安心ください。
初対面ばかりではじめは雰囲気も硬いかもしれません。お茶を点てて雰囲気を和らげたいと思います。

それぞれに自分の好みの器(お茶を点てられるもの)をもってきてもらって、参加者どうしで点てあってみましょう。
点ててみるのも、なかなか楽しいものです。

器をおもちください

茶器の茶碗である必要はありません。ご飯を食べているお茶碗でもいいですし、気にいった器ならどんなものでも。
100cc程度の水がはいって、カシャカシャ茶筅で点てても飛び散らない程度の大きさなら結構です。
口は広い方が点てるのが楽です。筒状になっているものは初心者には難しいと思います。


【歌会について】

参加者には原則、歌を用意してもらおうと思っています。
短歌会のメンバーなど経験のある方にも来ていただきたいので、普段慣れ親しんでもらった歌会の流れをまずは踏襲します。
詠んでいただいた歌をもちよって、互いに感想を述べるという形式にしますが、細かい段取りは調整中です。

歌を詠んでみてください
題詠1首 自由詠1首


「題詠」は歌の題つまりテーマがあります。それにそった歌を詠んでください。「自由詠」は題がありません。好きなテーマで詠んでください。短歌に季語はありません。原則「57577」の定型にのせて詠います。

題は「背」とします。例歌をあげてみます。詠む際の参考にしてみてください。

*抱きながら背骨を指に押すひとの赤蜻蛉(あかあきつ)かもしれないわれは 梅内美華子『若月祭(みかづきさい)』

*数知れぬ爬虫の背(せな)は濡れながら薔薇腐れゆく垣をめぐりぬ  大野誠夫『薔薇祭』

*強いて抱けばわが背を撲(う)ちて弾みたる拳をもてり燃え来る美し  小野茂樹『羊雲離散』

*「まもなく」のアナウンスあり「まもなく」は電車にあらず背向(そがい)より来る  小高賢『本所両国』

*背のびしてむらさき葡萄採るやうに冬の昴を盗みたし今  築地正子『鷺の書』


【連絡先/締切】

参加を希望される方は、下記のアドレスに「お名前」「性別」「連絡先」、そして、歌会に提出する歌を明記して、3.23(金)までに、以下のアドレスへ送信してください。
shosei_cafe@yahoo.co.jp


【歌を詠むのが不安な方へ】

この会の司会は谷中書生カフェの席主が務めます。
この司会が短歌を作ったのは小中学校以来です。初心者も初心者です。
なので、かならず歌を詠んで来るというのは、いささかハードルも高いような気がするのもわかります。
また、短歌が好きだから、短歌に理解があるから、自分では詠みたくないと言う人もいるでしょう。
普段からつくっている短歌会の人の前で披露するのは抵抗があるかもしれません。
なので、ここは強い強制にはしたくないなとも考えています。

歌会は歌をもちよって互いに評する行為をします。
どうしても、巧拙や順番、勝ち負けの意識が伴います。
そういう痛みのリスクは和らげたいというのが企画の本意です。

歌の詠み方や楽しみ方を経験者の方に語ってもらう時間もしっかりと取りたいと思っています。
歌は座の文学ですから、集まって歌いあう雰囲気を味わってもらえるようにします。
ギャラリー参加希望という方は、その旨をお伝えください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neguis.blog56.fc2.com/tb.php/17-dc3b586d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ねぎ

Author:ねぎ
Xora Ltd.INK 主宰
いろいろなワークショップをプロデュースします

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。