Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.1 【つたえる×つたわる ワークショップ】

つたえる×つたわる ワークショップ

コミュニケーションのエッセンスとはいったいなんでしょう
それを考えてみるワークショップを開催します


コミュニケーションには送り手と受け手があります。

送ることと
受けること

人に伝えること
人へ伝わること

送り手が受け手になにを思って送っているのか。
受けては送り手のなにを見ているのか。

言葉? 表情? 感情? スピード? リズム?

頭で考えること?
体で感じること?

100%伝わることがよいコミュニケーションなのか。
伝わらなかったコミュニケーションは悪いものなのか。

一言でコミュニケーションといっても細かく見ていけば、いろいろなことが思い浮かびます。
そういったことひとつひとつを丁寧に、そして、楽しく、学びほぐしてみるワークショップです。

自分のコミュニケーションのこと、いま一度、見なおしてみませんか。


【インプロ】

このワークショップはインプロのメソッドを活かして進めていきます。

インプロは、脚本なし、配役なし、リハーサルなし、すべて即興でするお芝居です。
インプロを演じる役者は共演者たちと即興でコミュニケーションをしてそこにしか生まれないステージを生みだします。
アイディアをやりとりするコミュニケーションと、アイディアを生みだすクリエイティビティ--インプロはコミュニケーションやクリエイティビティのエッセンスを教えてくれます。

コミュニケーションの力やグループワークの力を養うのにも有効であると、近年、インプロのメソッドを利用したワークショップやセミナーが多く開かれています。

わたしたちコーラリミテッドインクは、インプロ初心者に向け、インプロのテクニックを応用したワークショップを開いています。
演技の経験はまったく必要ありません。経験なしの初心者でも楽しめる導入のワークを揃えています。これまでインプロにまったく触れたことのない初心者の方ともワークショップを開いてきた実績があります。安心してご参加ください。

ワークショップの風景を下に載せてあります。
具体的にどんなことをするのか興味のある方は、ぜひご覧ください。


【開催概要】

日  程: 12.1(土)
場  所: 中央区立産業会館 (クリックでリンクが開きます)
時  間: 14:45集合 15:15開始
参加費: 社会人:1000円  学生:500円
定 員: 15名程度 (定員到達時は男女のバランスなども考慮します)

【会場のアクセス】
都営浅草線 東日本橋駅 B3出口 5分
都営新宿線 馬喰横山駅 B4出口 5分
JR総武快速線 馬喰町駅 C1出口 5分
JR総武線 浅草橋駅 東口 8分

【進 行】
14:30 開場(会場準備などにご協力ください)
14:45 集合(着替え用の時間などを設けます)
15:15 開始(途中 休憩などもはさみます)
18:45 終了予定(原状復帰なども行います)
19:00 解散(打ち上げも予定)
*終了時間は延びることが多くあります。帰宅予定時間がある方は事前にお伝えください。

*動きやすい格好でお越しください。スニーカーやジャージのご用意をお願いします。着替える時間も取りたいと思います。
*体を動かします。飲み物などのご用意をお願いします。


【参加受けつけ】
このブログ、ツイッター等で並行して募集は行います。事前の準備を確かなものにするため、こちらのフォームから必要事項を入力して送信してください。

≪受付登録フォームはこちらをクリック≫


【ワークショップ風景】

過去に実施したインプロのワークショップの風景をすこしだけ。
こんな雰囲気で進みます。
写真はクリックすると大きくなります。

impro ストレッチ
まずはストレッチから。
初対面の人も多いのでまだまだ緊張した空気が。

impro ミーティング・グリーティング
「ミーティング&グリーティング」というワークです。
握手をしながら、お互いの名前を呼び合います。
握手くらいのボディタッチはあります。

impro 鬼ごっこ
体をほぐすための鬼ごっこ。
それぞれの名前を使った鬼ごっこで仲間の名前を覚えます。

impro ナイフとフォーク1
そろそろインプロらしいことを始めましょう。
これは、言葉を使わず、10秒以内で、力をあわせて形を作るゲームです。
全員で「○」「×」「△」の形を作っていきます。
簡単ですか? でも、最初はなかなかうまくいかないんですよ。

impro ナイフとフォーク2
次は、テーマが決まった形を作ります。
しゃべらず、言葉を使わず、10秒で、相手のことをよく見て形を作ります。
相手を受けいれるコミュニケーションと、自分のアイディアを出すコミュニケーション。
どちらも大切。
こちらは「歌舞伎」ですね。

impro ナイフとフォーク3
えーと、これはなんだったでしょう(笑)
ああ、「手術室」でしたね。

impro ミラー
仲間と呼吸をあわせるワーク。
シンプルにみんなで同じ動きを繰り返します。
動きをあわせて、呼吸をあわせて、体で感じることはインプロでとても大切です。

impro ワンボイス
これは二人で声をあわせて同時にしゃべる「ワンボイス」というゲームです。
「これはどんなボールですか?」とボールを説明しています。
二人であわせて同時にしゃべって同時に動くというのは、なかなかたいへんです。
でも、まったく初めてインプロに触れた人でも、一日でここまでできるようになります。
終わるころには、緊張もほどけて、チームワークもすごく深まっていました。

ご覧のとおり、することは小学生でもできるくらいシンプルです。
シンプルだから、インプロのエッセンスを体感できます。
はじめは鬼ごっこや簡単なところから、徐々にステップを踏んでいきます。
台詞をしゃべったり演技をしたりするばかりではないので、お芝居することに抵抗のある方にも安心して楽しんでいただけると思います。

皆様のご参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ねぎ

Author:ねぎ
Xora Ltd.INK 主宰
いろいろなワークショップをプロデュースします

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。