Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neguis.blog56.fc2.com/tb.php/6-7de65c35

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

9.29 谷中書生カフェ【第3回】 黒猫がぼくを見る

谷中書生カフェ 仮ロゴ

二十一世紀の書生と女学生のための文学カフェ

「谷中書生カフェ」 第3回を開催します。

「谷中書生カフェ」は、下町情緒あふれる谷中の町の古民家カフェを舞台にしながら、東西の文学古典を読む人たちの集い、自由に話のできる場です。各回にテーマと課題本を定め、前半では課題本の読書会を、後半では懇親会を設けます。

谷中書生カフェも第3回を迎え、素晴らしいロゴを小林美穂さんに作っていただきました。ありがとうございます。谷中といえば知る人ぞ知る「猫の街」です。そこで、9月の会のテーマは「猫尽くし」です。

9月の課題は「黒猫がぼくを見る」
:日本作品と海外作品を交互に選んでいて、今月は海外作品。谷中といえば猫の町ですね。--エドガー・アラン・ポーの「黒猫・アシャー家の崩壊」を選びました。

8月の会はスタッフも含めて総勢18名でした。また女性参加者も8名いて、女性にも参加しやすい雰囲気を心がけています。

大学でいえば、東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、立教大学、麻布大学、東京外語大学等、たくさんの大学から様々な方に来ていただきました。

谷中書生カフェの開始前に、「谷中猫の町食べ歩き」 を企画しています。猫の商店街として知られる谷中銀座をそぞろ歩きます。名物のメンチカツやお菓子をどうぞ。ぜひご参加ください。≪谷中猫の街食べ歩き≫は、17:30に、JR日暮里駅の「北」改札口出てすぐに集合です。


【開催概要】

日  程: 9.29(木)
場  所: カヤバ珈琲 @谷中
時  間: 19:15集合 19:30開始
参加費: 社会人:1000円  学生:無料
課  題: エドガー・アラン・ポー「アシャー家の崩壊・黒猫」
*課題図書は新潮文庫版「ポー短編集Ⅰゴシック編」の巽孝之訳「黒猫・アシャー家の崩壊」を使います。他の訳本の使用はお控えください。

【進 行】
17:30 ≪谷中猫の待ち食べ歩き≫ 集合 @JR日暮里駅「北」改札口外
     谷中界隈の街歩き
     谷中銀座での食べ歩きを楽しみます
19:15 集合@カヤバ珈琲 2階のスペースを使用します。
19:30 谷中書生カフェ(読書会)開始
     課題本について会話を交わして楽しんでいただきます。
20:30 懇親会:ドリンクもフードもメニューは充実しています
21:30 中締め
     カヤバ珈琲は24:00までの営業です。以降もどうぞ。

【注 意】
*会の運営を適正なバランスのあるものにするため、定員に男性上限定員と女性上限定員を設けます。性別ごと定員に達した場合、キャンセル待ちの受付となります。
*参加されているSNS等のコミュニティやプロフィール欄に、特定の宗教団体・ビジネス・投資・MLM・スピリチャリティ・自己啓発・成功哲学等の記載がある方は、参加をご遠慮願います。

【読書会について】
読書会は参加体験型ワークショップ形式で行いたいと考えています。自分の感想を話して終わりではなく、また特定の人ばかりが一方的に話すこともなく、他の参加者との協働作業を交えることに力点を置きますので、ご協力をおねがいします。下に8月の会の様子がありますので、参考にしてください。

【参加費について】
社会人の方には1000円の会費をお願いします。会費はフードの用意その他にあてます。学生さんは遠慮なく食べてください。

【参加受けつけ】
このブログ、mixi、ツイッターで並行して募集は行います。事前の準備を確かなものにするため、下記のアドレスに「お名前」「性別」「学生/社会人の別」「連絡先」「何時からの参加か」を明記して送信してください。
shosei_cafe@yahoo.co.jp


【お 願 い】

ワークショップの資料にご協力ください

課題の本には6編の短編が収められています。参加される方には、課題本を読んで、それぞれの短編に感じた言葉を一言で表わして、寄せてください。

たとえば、「親密さ」(黒猫)「箱庭」(赤き死の仮面)「人工の美女」(ライジーア)「機械恐怖」(落とし穴と振り子)「双生児」(ウィリアム・ウィルソン)「姫」(アシャー家の崩壊)……

全体を読んでのワードでもかまいません。あまりたくさんでもあふれてしまうので、ひとりあたり、3~6コいただけると助かります。--登場する人物やモノの名前(猫、ロデリック)、「悲しみ」や「白い」といった感覚的なニュアンスでも結構です。むしろ、そういう綾がある方が多様でおもしろくなります。

ワードは事前にこちら(shosei_cafe@yahoo.co.jp)に送ってください。事前に送っていただければ、こちらで編集します。ワードはすべて書き手を匿名にいたします。

9.25(日)までに送付ください。編集と運営の都合上よろしくおねがいします。

前回は、テキストの送付をお願いしておりました。今回も希望のある方のテキストは編集しようと考えております。文字数は「600~800字」を上限の目安にしていただければと思います。


【8月の振り返り】
8月の会では、参加者を4つのチームに割り振りました。そのチームで自由に話してもらい、その記録を、全員で紙に書いてまとめてもらいました。文字で書いてもよいし、図にしてもよいし、絵を描いてもよいし。
第2回 ワーク風景
第2回 ワーク風景
次にチームごとにまとめてもらったペーパーのプレゼンをしてもらいました。ひとり1センテンスごとに話して、次々にリレーをしながら即興的に発表していただきました。ひとりばかりがしゃべるのではなく、みんなで発表することを大事にしています。即興的な発表でも、みごとにまとまったプレゼンになったのが印象的でした。
第2回 ワーク風景
第2回 ワーク風景
最後に、お互いにプレゼンしたペーパーを見せあい、いちばん気にいったペーパーをセレクション。そのチームにはスイーツをプレゼントしました。

「谷中書生カフェ」では、このような参加協力型のワークに重きをおいています。今回はまた違った形でのワークとプレゼンを考えています。一風変わった読書系イベントをお楽しみください。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neguis.blog56.fc2.com/tb.php/6-7de65c35

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ねぎ

Author:ねぎ
Xora Ltd.INK 主宰
いろいろなワークショップをプロデュースします

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。