Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.29 谷中書生カフェ「キオク・リミックス」

谷中書生カフェ 仮ロゴ

二十一世紀の書生と女学生のための文学カフェ
「谷中書生カフェ」を開催します。


素晴らしいロゴを小林美穂さんに作っていただきました。ありがとうございます。


「谷中書生カフェ」は、東西の文学古典を読む人たちが自由に集い、話のできる場です。

2011年の夏に谷中のカヤバ珈琲を舞台にスタートした「谷中書生カフェ」は、全10回のシリーズを終え、新しいスタートを切りました。

新しいシリーズでは、いままではお客さんとして参加してくれた方にも、企画をしてもらいたいと考えています。文学作品が好きな方に自分の好きなテーマで企画を作ってもらうプラットフォームとしても「谷中書生カフェ」を動かしていくつもりです。


今回の企画者からもちよられた企画は≪本の交換≫です。

谷中書生カフェに参加されてきた小平さんが、このたび、所有する本を処分しようと考えていました。
でも、文学書や芸術書を某大手リサイクル書店などに売ってしまうのは、おしい。
できれば、その価値の伝わる人に譲って読んでもらいたい。

だったら、「谷中書生カフェ」の場で、手放される本たちの「さようなら」と「こんにちは」ができる場をつくってみませんかとお誘いしたのが、はじまりです。
小平さんから譲ってもらえる本をならべ、その思い出話しをしながら、新しい人との出会いを楽しんでもらえる会をご用意したいと思います。

小平さんからのメッセージです
≪Twitterでのひと言を思わずこんな形にしていただきました。自分にとっては古い本でも誰かにとっては新しい本、というスタンスでいこうと思います。出合いなおしの場になれば嬉しいです。≫

以下に、今回、譲ってもらえる本たちの一部を列挙します。

九鬼周造、『「いき」の構造、講談社、2003年
アンリ・フォション、『かたちの生命』、筑摩書房、2004年
若桑みどり、『イメージを読む』、筑摩書房、2005年
高山宏、『近代文化史入門 超英文学講義』、講談社、2007年
アントニオ・ネグリ、マイケル・ハート、『マルチチュード〈帝国〉時代の戦争と民主主義』(上・下)、日本放送出版協会、2005年

梅棹忠夫、『知的生産の技術』、岩波書店、2008年(刷)
佐々木中、『切りとれ、あの祈る手を 〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』、河出書房新社、2010年

朝吹真理子、『きことわ』、新潮社、2011年
柴田元幸(責任編集)、『モンキー・ビジネス 2008 Summer vol.2 眠り号』、ヴィレッジブックス、2008年
スティーヴン・ミルハウザー、『三つの小さな王国』、柴田元幸(訳)、白水社、2001年
穂村弘、『絶叫委員会』、筑摩書房、2010年
町田康、『猫にかまけて』、講談社、2004年
村上春樹(訳)、J.D.サリンジャー、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、白水社、2006年


今回は課題本をもうけません。その代わり、それぞれの参加者も自分が推す本をもちよって、その本についても語っていただきます。
自分がもってきた本は、もちろん、周りの参加者と交換してみてください。
もちろん、大切な本なら交換しなくてもけっこうですよ。
本の交換は、読んだ記憶の交換です。
記憶の交換は、自分自身の交換です。

谷中書生カフェ「キオク・リミックス」
記憶と自分が組み替えられる場所へ
ぜひ、みなさまお越しください。


【開催概要】
日  程: 7.29(日)
場  所: 勝どき区民館
時  間: 13:30集合 14:00開始
参加費: 社会人:1000円  学生:500円
定 員: 20名程度 (定員到達時は男女のバランスなども考慮します)


【ワークについて】
これまでの谷中書生カフェは課題本を決めて、それを読んできたみんなで対話をするワークをしてきました。
今回は、共通の課題本をもうけません。
それぞれが、自分の推したい本をもちよってください。その記憶も語っていただきます。

もってきてくれた本と、今回譲ってもらえる本とを組み合わせて、対話をするワークを考えています。
飲み物とすこしのお菓子もご用意しましょう。
カフェ感覚で記憶と記憶のリミックスを楽しんでください。

もちよる本の内容やジャンルはとくに定めるつもりはありませんが、「東西の文学古典を読む人たちが自由に集い、話のできる場」というコードは意識していただけると、助かります。
具体的な作者やジャンルは譲ってもらえる本のリストを参考にしてください。


【進 行】
13:00 開場(会場準備などにご協力ください)
13:30 集合(ゆるゆると自己紹介などします)
14:00 開始(飲み物やお菓子もご用意します)
17:00 終了予定(原状復帰なども行います)
17:30 解散(打ち上げも予定)


【注 意】
*会の運営を適正なバランスのあるものにするため、定員に男性上限定員と女性上限定員を設けます。性別ごと定員に達した場合、キャンセル待ちの受付となります。
*参加されているSNS等のコミュニティやプロフィール欄に、特定の宗教団体・ビジネス・投資・MLM・スピリチャリティ・自己啓発・成功哲学等の記載がある方は、参加をご遠慮願います。

【読書会について】
読書会は参加体験型ワークショップ形式で行いたいと考えています。自分の感想を話して終わりではなく、また特定の人ばかりが一方的に話すこともなく、他の参加者との協働作業を交えることに力点を置きますので、ご協力をおねがいします。

【参加費について】
会費はフードやドリンクの用意その他にあてます。夕方からの開催なので夕食にしてもらえる量を用意する予定です。

【参加受けつけ】
このブログ、mixi、ツイッターで並行して募集は行います。事前の準備を確かなものにするため以下のフォームから送信をお願いします。
こちらのフォームから入力ください

*フォームにはカメラ等の機器による記録の可否を問う項目がありますが、記録されることを望まない方は撮影しない等の配慮をするための項目です。記録されることを望まないからといって参加希望をお断りすることはありません。

7.22 インプロワークショップ presented by Xora Ltd.INK

インプロのワークショップを開催します

インプロは、脚本なし、配役なし、リハーサルなし、すべて即興でするお芝居です

インプロは何もない時間と空間に体ひとつでするパフォーますです。ですが、ひとりではできません。

共演の仲間やお客さんと力をあわせて、その瞬間、その場所にしかない、ただ一度の表現を作ります。決められたものがないから、それぞれの仕方で、発信をしようとするし、理解しようとします。そこに、その人だけにしか生まれないアイディアが生まれてきます。

アイディアをやりとりするコミュニケーションと、アイディアを生みだすクリエイティビティ--インプロはコミュニケーションやクリエイティビティのエッセンスを教えてくれます。


コミュニケーションの力やグループワークの力を養うのにも有効であると、近年、インプロのメソッドを利用したワークショップやセミナーが多く開かれています。

わたしたちコーラリミテッドインクは、インプロ初心者に向け、インプロのテクニックを応用したワークショップを開いています。

演技の経験はまったく必要ありません。経験なしの初心者でも楽しめる導入のワークを揃えています。これまでインプロにまったく触れたことのない初心者の方ともワークショップを開いてきた実績があります。安心してご参加ください。

ワークショップの風景を下に載せてあります。
具体的にどんなことをするのか興味のある方は、ぜひご覧ください。


インプロにはいろいろな切り口があります。
毎回、テーマを定めてワークショップをデザインしています。

今回のテーマは
「オンリーワンをつくりだす」

自分らしいアイディア オリジナルのアイディア

自分らしい自分 オリジナルな自分

それって、どんなものでしょう?

ユニークであるように求められて、ユニークであろうとがんばると、
なんか自分とちがう気がする、なんか人と同じになってしまう。
そういうことはありませんか?

インプロは用意したり準備したりするものがないだけ、
すべての出来事がその場かぎり一回かぎりの出来事になります。
言わば、すべてがオンリーワン。
インプロは、オンリーワンの作品がどうできるのか、オンリーワンの自分はどう現れるのか、
それを感じるヒントをくれます。
今回は、インプロのそんな側面にフォーカスをあてて、ワークショップをデザインしたいと思います。

就活や仕事や将来に、ちょっとモヤモヤしている人には、きっとヒントが見つかります。
ティーチングやカウンセリング、ワークショップのファシリテーションにも活かせるスキルです。
もちろん、お芝居を経験してみたいけど、どこから始めてらよいかわからないという方にも。
ぜひお越しください。


【開催概要】

日  程: 7.22(日)
場  所: 勝どき区民館
時  間: 13:30集合 14:00開始
参加費: 社会人:1000円  学生:500円
定 員: 15名程度 (定員到達時は男女のバランスなども考慮します)

【進 行】
13:00 開場(会場準備などにご協力ください)
13:30 集合(着替え用の時間などを設けます)
14:00 開始(途中 休憩などもはさみます)
17:00 終了予定(原状復帰なども行います)
17:30 解散(打ち上げも予定)

*動きやすい格好でお越しください。スニーカーやジャージのご用意をお願いします。着替える時間も取りたいと思います。
*体を動かします。飲み物などのご用意をお願いします。


【参加受けつけ】
このブログ、ツイッター等で並行して募集は行います。事前の準備を確かなものにするため、こちらのフォームから必要事項を入力して送信してください。

≪受付登録フォームはこちらをクリック≫


【ワークショップ風景】

過去に実施したワークショップの風景をすこしだけ。
こんな雰囲気で進みます。
写真はクリックすると大きくなります。

impro ストレッチ
まずはストレッチから。
初対面の人も多いのでまだまだ緊張した空気が。

impro ミーティング・グリーティング
「ミーティング&グリーティング」というワークです。
握手をしながら、お互いの名前を呼び合います。
握手くらいのボディタッチはあります。

impro 鬼ごっこ
体をほぐすための鬼ごっこ。
それぞれの名前を使った鬼ごっこで仲間の名前を覚えます。

impro ナイフとフォーク1
そろそろインプロらしいことを始めましょう。
これは、言葉を使わず、10秒以内で、力をあわせて形を作るゲームです。
全員で「○」「×」「△」の形を作っていきます。
簡単ですか? でも、最初はなかなかうまくいかないんですよ。

impro ナイフとフォーク2
次は、テーマが決まった形を作ります。
しゃべらず、言葉を使わず、10秒で、相手のことをよく見て形を作ります。
相手を受けいれるコミュニケーションと、自分のアイディアを出すコミュニケーション。
どちらも大切。
こちらは「歌舞伎」ですね。

impro ナイフとフォーク3
えーと、これはなんだったでしょう(笑)
ああ、「手術室」でしたね。

impro ミラー
仲間と呼吸をあわせるワーク。
シンプルにみんなで同じ動きを繰り返します。
動きをあわせて、呼吸をあわせて、体で感じることはインプロでとても大切です。

impro ワンボイス
これは二人で声をあわせて同時にしゃべる「ワンボイス」というゲームです。
「これはどんなボールですか?」とボールを説明しています。
二人であわせて同時にしゃべって同時に動くというのは、なかなかたいへんです。
でも、まったく初めてインプロに触れた人でも、一日でここまでできるようになります。
終わるころには、緊張もほどけて、チームワークもすごく深まっていました。

ご覧のとおり、することは小学生でもできるくらいシンプルです。
シンプルだから、インプロのエッセンスを体感できます。
はじめは鬼ごっこや簡単なところから、徐々にステップを踏んでいきます。
台詞をしゃべったり演技をしたりするばかりではないので、お芝居することに抵抗のある方にも安心して楽しんでいただけると思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

6.24 インプロワークショップ presented by Xora Ltd.INK

インプロのワークショップを開催します

インプロは、脚本なし、配役なし、リハーサルなし、すべて即興でするお芝居です
インプロは何もない時間と空間に体ひとつでするパフォーますです。ですが、ひとりではできません。

共演の仲間やお客さんと力をあわせて、その瞬間、その場所にしかない、ただ一度の表現を作ります。決められたものがないから、それぞれの仕方で、発信をしようとするし、理解しようとします。そこに、その人だけにしか生まれないアイディアが生まれてきます。

アイディアをやりとりするコミュニケーションと、アイディアを生みだすクリエイティビティ--インプロはコミュニケーションやクリエイティビティのエッセンスを教えてくれます。


コミュニケーションの力やグループワークの力を養うのにも有効であると、近年、インプロのメソッドを利用したワークショップやセミナーが多く開かれています。

わたしたちコーラリミテッドインクは、インプロ初心者に向け、インプロのテクニックを応用したワークショップを開いています。

演技の経験はまったく必要ありません。経験なしの初心者でも楽しめる導入のワークを揃えています。これまでインプロにまったく触れたことのない初心者の方ともワークショップを開いてきた実績があります。安心してご参加ください。

ワークショップの風景を下に載せてあります。
具体的にどんなことをするのか興味のある方は、ぜひご覧ください。


インプロにはいろいろな切り口があります。
毎回、テーマを定めてワークショップをデザインしています。

今回のテーマは
「言葉にならない声を伝える 体で感じるコミュニケーション」

自分のアイディアを相手に伝えようとするとき
相手の考えを理解しようとするとき
わたしたちは声にして言葉でコミュニケーションをしようとします

でも、声にならないノンバーバルなコミュニケーションがずっと多くを語ることがあります
言葉にならないコミュニケーションを体で感じることが大切になるときがあります

ノンバーバルなコミュニケーションは普段なかなか意識することがありません
インプロには表情や仕草で相手の考えを察する瞬間がたくさんあります
今回はインプロのテクニックのなかでも、ノンバーバルな感覚を刺激するものを選んでワークショップを構成します。
インプロを通じて体で感じるコミュニケーションを見直してみませんか


就活や仕事や将来に、ちょっとモヤモヤしている人には、きっとヒントが見つかります。
ティーチングやカウンセリング、ワークショップのファシリテーションにも活かせるスキルです。
もちろん、お芝居を経験してみたいけど、どこから始めてらよいかわからないという方にも。
ぜひお越しください。


【開催概要】

日  程: 6.24(日)
場  所: 勝どき区民館
時  間: 13:30集合 14:00開始
参加費: 社会人:1000円  学生:500円
定 員: 15名程度 (定員到達時は男女のバランスなども考慮します)

【進 行】
13:00 開場(会場準備などにご協力ください)
13:30 集合(着替え用の時間などを設けます)
14:00 開始(途中 休憩などもはさみます)
17:00 終了予定(原状復帰なども行います)
17:30 解散(打ち上げも予定)

*動きやすい格好でお越しください。スニーカーやジャージのご用意をお願いします。着替える時間も取りたいと思います。
*体を動かします。飲み物などのご用意をお願いします。


【参加受けつけ】
このブログ、ツイッター等で並行して募集は行います。事前の準備を確かなものにするため、こちらのフォームから必要事項を入力して送信してください。

≪受付登録フォームはこちらをクリック≫


【ワークショップ風景】

過去に実施したワークショップの風景をすこしだけ。
こんな雰囲気で進みます。
写真はクリックすると大きくなります。

impro ストレッチ
まずはストレッチから。
初対面の人も多いのでまだまだ緊張した空気が。

impro ミーティング・グリーティング
「ミーティング&グリーティング」というワークです。
握手をしながら、お互いの名前を呼び合います。
握手くらいのボディタッチはあります。

impro 鬼ごっこ
体をほぐすための鬼ごっこ。
それぞれの名前を使った鬼ごっこで仲間の名前を覚えます。

impro ナイフとフォーク1
そろそろインプロらしいことを始めましょう。
これは、言葉を使わず、10秒以内で、力をあわせて形を作るゲームです。
全員で「○」「×」「△」の形を作っていきます。
簡単ですか? でも、最初はなかなかうまくいかないんですよ。

impro ナイフとフォーク2
次は、テーマが決まった形を作ります。
しゃべらず、言葉を使わず、10秒で、相手のことをよく見て形を作ります。
相手を受けいれるコミュニケーションと、自分のアイディアを出すコミュニケーション。
どちらも大切。
こちらは「歌舞伎」ですね。

impro ナイフとフォーク3
えーと、これはなんだったでしょう(笑)
ああ、「手術室」でしたね。

impro ミラー
仲間と呼吸をあわせるワーク。
シンプルにみんなで同じ動きを繰り返します。
動きをあわせて、呼吸をあわせて、体で感じることはインプロでとても大切です。

impro ワンボイス
これは二人で声をあわせて同時にしゃべる「ワンボイス」というゲームです。
「これはどんなボールですか?」とボールを説明しています。
二人であわせて同時にしゃべって同時に動くというのは、なかなかたいへんです。
でも、まったく初めてインプロに触れた人でも、一日でここまでできるようになります。
終わるころには、緊張もほどけて、チームワークもすごく深まっていました。

ご覧のとおり、することは小学生でもできるくらいシンプルです。
シンプルだから、インプロのエッセンスを体感できます。
はじめは鬼ごっこや簡単なところから、徐々にステップを踏んでいきます。
台詞をしゃべったり演技をしたりするばかりではないので、お芝居することに抵抗のある方にも安心して楽しんでいただけると思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

6.17 谷中書生カフェ@まれびとハウス 「幻想×シブタツ×シュルレアリスム」

谷中書生カフェ 仮ロゴ

二十一世紀の書生と女学生のための文学カフェ
「谷中書生カフェ」を開催します。


素晴らしいロゴを小林美穂さんに作っていただきました。ありがとうございます。


「谷中書生カフェ」は、東西の文学古典を読む人たちが自由に集い、話のできる場です。

2011年の夏に谷中のカヤバ珈琲を舞台にスタートした「谷中書生カフェ」は、全10回のシリーズを終え、今月から新しいスタートを切ります。

新しいシリーズでは、いままではお客さんとして参加してくれた方にも、企画をしてもらいたいと考えています。文学作品が好きな方に自分の好きなテーマで企画を作ってもらうプラットフォームとしても「谷中書生カフェ」を動かしていくつもりです。


初回の企画者は上原りんこさん。東京外語大学に通う大学三年生です。

テーマは「シュルレアリスム」です。

それでは、りんこさんからのメッセージです

こんにちは、東京外国語大学のりんこです。
今まで一参加者として書生カフェを楽しんできた私が、今回、この「幻想×シブタツ×シュルレアリスム」を企画することになりました!
書生カフェの仲間たちの「シュルレアリスムで書生カフェをしたい!」というアイディアから生まれた企画です。
澁澤龍彦のテクストを下敷きに、みんなでシュルレアリスムについて話してみませんか?
アットホームな書生カフェに是非おいでください!


澁澤龍彦は「幻想の彼方へ」を読みます。マグリットやエルンストらシュルレアリスムの画家を論じたエッセイ集です。このテキストを下敷きに、画集などを用意して、絵画作品を見ながら、話しあってもらう場を作ろうと思います。

谷中書生カフェ「幻想×シブタツ×シュルレアリスム」は、心機一転、まれびとハウスでの開催です。

ぜひ、みなさまお越しください。


【開催概要】

日  程: 6.17(日)
場  所: まれびとハウス @田端
時  間: 17:30集合 18:00開始
参加費: 社会人:1500円  学生:1000円 (予定)
課  題: 澁澤龍彦「幻想の彼方へ」(河出文庫)


【課題図書について】

幻想の彼方へ (河出文庫)幻想の彼方へ (河出文庫)
(1988/10)
渋澤 龍彦

商品詳細を見る

課題図書は複数のエッセイの収められた著作です。シュルレアリスムに関わるいくつかの章を指定しますので、通して読むことが難しい場合、こちらの部分をまずはお読みください。
「ポール・デルヴォー、夢のなかの裸体」
「ハンス・ベルメール、肉体の迷宮」
「ルネ・マグリットの世界」
「キリコ、反近代主義の亡霊」
「マックス・エルンスト論」
「遠近法・静物画・鏡、トロンプ・ルイユについて」
これ以外の章には、クレーやモロー、ルドンを論じた章もあります。ぜひ読んできてください。

【進 行】
17:30 集合@まれびとハウス 最寄駅は田端駅(徒歩7分)です
18:00 谷中書生カフェ(読書会)開始
     課題本について会話を交わして楽しんでいただきます
20:00 懇親会:ドリンクもフードもご用意します
21:00 中締め


【注 意】
*会の運営を適正なバランスのあるものにするため、定員に男性上限定員と女性上限定員を設けます。性別ごと定員に達した場合、キャンセル待ちの受付となります。
*参加されているSNS等のコミュニティやプロフィール欄に、特定の宗教団体・ビジネス・投資・MLM・スピリチャリティ・自己啓発・成功哲学等の記載がある方は、参加をご遠慮願います。

【読書会について】
読書会は参加体験型ワークショップ形式で行いたいと考えています。自分の感想を話して終わりではなく、また特定の人ばかりが一方的に話すこともなく、他の参加者との協働作業を交えることに力点を置きますので、ご協力をおねがいします。

【参加費について】
会費はフードやドリンクの用意その他にあてます。夕方からの開催なので夕食にしてもらえる量を用意する予定です。

【参加受けつけ】
このブログ、mixi、ツイッターで並行して募集は行います。事前の準備を確かなものにするため以下のフォームから送信をお願いします。
こちらのフォームから入力ください

*フォームにはカメラ等の機器による記録の可否を問う項目がありますが、記録されることを望まない方は撮影しない等の配慮をするための項目です。記録されることを望まないからといって参加希望をお断りすることはありません。

【お 願 い】

課題の本を読んできてください

毎回、読み切れずに来られる方がいらっしゃいます。それで参加を拒むことはないのですが、「ちゃんと読んでくればよかった」とほとんどの方が仰います。なので、ぜひ読んできてください。

それぞれの読んで考えてきたことをシェアしやすくするワークを毎回、考えています。お楽しみに。

5.27 人狼企画

谷中書生カフェ 仮ロゴ

谷中書生カフェもシーズンファイナルを迎えました。
次期の企画も温めていますので、ぜひご期待ください。

谷中書生カフェを応援していただいたお礼にお楽しみ企画
人狼企画
をお届けします。


企画の発案者Kuboon氏よりメッセージです。

皆さんは、嘘をつくのは得意ですか?
日常生活の中で、「本気で」嘘をつく機会なんて、滅多にありませんよね?(そうあることを願っています!)
あるいは逆に、嘘をついている人間をあなたは見抜くことが出来るでしょうか。よく知っている友人、あるいは初めて出会う人の嘘に、気づくことが出来るでしょうか。

皆さんは、自分自身が間違いと知っている結論をそれらしく騙り、相手を説得することができますか?
あるいは逆に、あなたは何をもって、相手のいう事を信じるのでしょうか。


人狼は、世界中で愛されているパーティゲームです。ルールは単純ですが、そこにプレイヤー達の様々な思惑が入り乱れ、奥深さを生み出します。
善良な皆さんが普段体験することのない駆け引きと緊張感。そこには、善良な皆さんが滅多に触れることのない「世界の仕組み」があります。
ゲームを通して、真実とは何か、人間の思考とは何かを、改めて考え直す機会になることでしょう。

皆様のご参加をお待ちしております。


より詳しくは
ウィキペディアの項目はこちら


【開催概要】

日  程: 5.27(日)
場  所: 浜町区民館  第4洋室
時  間: 13:30集合 14:00開始
参加費: 社会人:1000円  学生:500円

【進 行】
13:00 開場
13:30 集合
14:00 開始
18:00 終了予定
18:30 解散


【参加受けつけ】
このブログ、ツイッター等で並行して募集は行います。事前の準備を確かなものにするため、こちらのフォームから必要事項を入力して送信してください。

参加受付はこちらをクリックしてください

ぜひぜひご参加ください

Appendix

プロフィール

ねぎ

Author:ねぎ
Xora Ltd.INK 主宰
いろいろなワークショップをプロデュースします

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。